ビタミンDのサプリメントは肺炎リスクを低下させない

e0156318_1625262.jpg この場合、サプリメントとカタカナ表記にするよりは、「補給」や「補充」と書いた方が誤解は少ないのでしょうが。
 スタチンと時期を同じくして世界的に流行を見せたビタミンD。そのビタミンDと成人の肺炎リスクに関する報告です。

Hilde H F Remmelts, et al.
The role of vitamin D supplementation in the risk of developing pneumonia: three independent case–control studies
Thorax doi:10.1136/thoraxjnl-2013-203623


背景:
 ビタミンDは感染症に対して宿主防御的に働くとされている。ビタミンDの欠損は呼吸器感染症のリスクを増加させることが知られている。この試験の目的は、ビタミンDのサプリメント(補給・補充)が成人の肺炎リスクを低下させるかどうか調べることである。

方法:
 33276人の症例を含む3つの独立したケースコントロール試験がおこなわれた。年齢、生年月日、性別などによってマッチされた105243人のコントロールと比較された。主要アウトカムは、肺炎診断時のビタミンDのサプリメントへの曝露とした。条件付きロジスティック回帰によってビタミンDのサプリメントと肺炎の発症のオッズ比を算出した。

結果:
 ビタミンDのサプリメントは肺炎のリスク低下と関連していなかった。試験1および2において、交絡因子で補正した後でもオッズ比は有意でなかった(試験1:オッズ比1.814、95%信頼区間0.865 to 3.803、試験2:オッズ比1.007、95%信頼区間0.888 to 1.142)。試験3では、肺炎リスクはビタミンDサプリメントをおこなった場合、有意に高かった(オッズ比1.496, 95%信頼区間1.208 to 1.853)。

結論:
 この試験では、ビタミンDのサプリメントは成人の肺炎リスクを低下させる予防的効果はなかった。



by otowelt | 2013-08-31 00:03 | 感染症全般

<< 結核病棟から患者さんが無断離院... システマティックレビュー:先住... >>