非結核性抗酸菌症に対するストレプトマイシンの使用が保険適用に


 厚生労働省は7月26日に、「公知申請に係る事前評価が終了した医薬品の保険上の取扱い」に関する通知を発表しました。この日開催された薬事・食品衛生審議会において、適応外使用に係る公知申請の事前評価が行われ、ストレプトマイシンの非結核性抗酸菌症に対する使用について公知申請を行っても差し支えないとの結論が得られました。

by otowelt | 2013-08-08 11:18 | 抗酸菌感染症

<< 同程度の線維化がある場合、過敏... COPDにおける4m歩行速度の有用性 >>