手術室における呼吸音の聴診は電子聴診器が優れている

e0156318_7392420.jpg Littmann 3200については150匹のネコにおける有用性が報告されています。
Blass KA, et al. Clinical evaluation of the 3M Littmann Electronic Stethoscope Model 3200 in 150 cats. J Feline Med Surg. 2013 Apr 18. [Epub ahead of print]

 獣医学の分野でも電子聴診器は注目されており、アシカやオットセイの研究も報告されています。
Scharpegge J, et al. Thoracic auscultation in captive bottlenose dolphins (Tursiops truncatus), California sea lions (Zalophus californianus), and South African fur seals (Arctocephalus pusillus) with an electronic stethoscope. J Zoo Wildl Med. 2012 Jun;43(2):265-74.

 紹介するのは、手術室における電子聴診器の有用性についての報告です。全文読めなかったのですが、珍しい研究なので掲載してみました。VASではなく、客観的な音のデータが欲しかったところ。ちなみに私の聴診器はLittmannではありません。

Hoffmann C, et al.
Brief report: pulmonary auscultation in the operating room: a prospective randomized blinded trial comparing electronic and conventional stethoscopes.
Anesth Analg. 2013 Sep;117(3):646-8.


背景:
 われわれは、通常の聴診器(Holtex Ideal®およびLittmann Cardiology III®)と、電子聴診器(Littmann 3200®)の2つの聴診器を手術室において主観的に比較評価した。

方法:
 この試験はプロスペクティブランダム化二重盲検試験であり、人工呼吸器を装着している100人の患者に対して聴診器を使用したものである。いずれの聴診器においても、聴診する者は聴診の質を0~10のスケールで評価した。聴診器を使用された患者における聴診の質は、単変量解析で有意差のみられた因子においてランダム切片付き混合効果線形回帰によって比較された。

結果:
 100人の呼吸音聴診の評価がおこなわれた。聴診の質は電子聴診器で8.2 ± 1.6、Littmann Cardiology IIIで7.4 ± 1.8、Holtex Idealで4.6 ± 1.8だった。Holtex Idealと比較すると、聴診の質は他の聴診器で有意に良好であった(P < 0.0001)。Littmann Cardiology IIIと比較すると、Littmann 3200では聴診の質が高かった(β = 0.9 [95%信頼区間0.5-1.3])。

結論:
 手術室における電子聴診器は、通常の聴診器と比較して呼吸音聴診に優れている。ただし、高性能の通常の聴診器よりわずかに優れる程度の改善と考えてよい。


by otowelt | 2013-09-25 00:10 | その他

<< 特発性肺線維症における線維化の... ウルティブロ®吸入用カプセルが... >>