ウルティブロ®吸入用カプセルが製造販売承認を取得

本邦初のLABA/LAMA 配合剤である1日1回吸入の慢性閉塞性肺疾患治療薬ウルティブロ®吸入用カプセル(QVA149)が日本における製造販売承認を取得

 2013年9月20日、そーせいグループ株式会社(コード番号4565 東証マザーズ)がノバルティス社へ導出しているグリコピロニウム臭化物(シーブリ®吸入用カプセル50μg)を含有する1日1回吸入のウルティブロ®吸入用カプセル(グリコピロニウム50μg/インダカテロール110μg)について、COPDの気道閉塞性障害に基づく諸症状を緩解するための気管支拡張剤として、厚生労働省から承認を取得しました。これにより推定530万人の日本人のCOPD患者さんの治療選択肢に加わるとされています。

by otowelt | 2013-09-24 12:56 | 気管支喘息・COPD

<< 手術室における呼吸音の聴診は電... 受動喫煙は小児喘息に悪影響を与... >>