遷延するpure GGNのうちinvasive adenocarcinomaを鑑別する所見

e0156318_13454587.jpg pure GGNのフォローアップについては一定の指針があり、呼吸器科医の多くはそれにしたがって診療をしています。ただし、pure GGNの中にもこの報告のようにinvasive adenocarcinomaを疑う所見がある場合には外科的切除が望ましいと思われます。

Hyun-ju Lim, et al.
Persistent Pure Ground-Glass Opacity Lung Nodules ≥ 10 mm in Diameter at CT Scan: Histopathologic Comparisons and Prognostic Implications
Chest. 2013;144(4):1291-1299.


背景:
 直径10mm以上のpure ground-glass opacity nodules (GGNs)の組織病理や予後についてはあまりわかっていない。われわれは、遷延する直径10mm以上のpure GGN(薄切スライスCT:TSCT)の形態学的特徴と組織病理、患者の予後を比較検証した。

方法:
 TSCTで評価をおこなわれ、3年以上経過を観察されたた計46の切除GGNが登録された。組織病理(adenocarcinoma in situ[AIS]、minimally invasive adenocarcinoma [MIA], invasive adenocarcinoma)とCT検査の特徴を調べた。invasive adenocarcinomaとAISあるいはMIAを鑑別する特徴を同定するため、CT検査と臨床的患者背景を単変量および多変量解析した。疾患再発も調べた。

結果:
 登録された46のGGNは20人が女性(平均年齢62歳)、26人が男性(平均年齢61歳)だった。GGNのサイズは平均16.6±5.5 mmだった。リンパ節が腫大していた患者はいなかった。
 結節影の内訳は、19のAIS(41%)、9のMIA(20%)、18のinvasive adenocarcinomas (39%)であった。単変量解析では、bronchogramの存在(P = .012)、結節影のサイズ(P = .032, カットオフ = 直径16.4 mm)、結節影の容量(P = .040, カットオフ = 0.472 g)は有意にinvasive adenocarcinomaとAISあるいはMIAを鑑別する所見であった。多変量解析では、結節影のサイズ(P = .010)と容量(P = .016)が有意な鑑別因子だった。
 42人がstage IA、4人がstage IBであり、外科手術後3年の経過で再発例は一例もなかった。

結論:
 直径10mm以上の遷延性pure GGNにおいて、結節影のサイズと容量はinvasive adenocarcinomaを予測する上で有用である。外科手術後の予後はいずれも良好であった。


by otowelt | 2013-10-08 00:44 | 肺癌・その他腫瘍

<< 中等度~重症気管支喘息に対する... 家族歴のある成人発症の気管支喘... >>