POLARSTAR:エルロチニブによる間質性肺疾患のリスク因子

世界肺癌学会から。エルロチニブの興味深い演題です。

Kuwano K, et al.
Investigation of risk factors for developing interstitial lung disease (ILD) and poor prognostic factors for ILD death in Japanese patients with non-small-cell lung cancer (NSCLC): a final analysis of a large-scale erlotinib surveillance study (POLARSTAR)
15th World Conference on Lung Cancer O03.07


概要:
 2007年12月18日から2009年10月までにエルロチニブの投与を受けた日本人の非小細胞肺癌(NSCLC)患者10708人が登録され、9909人のデータが安全性解析に、9663人が有効性解析に利用された。間質性肺疾患(ILD)様のイベントは独立したILD審査委員会によって解析された。
 ILD様イベントを経験した491人の患者うち、審査委員会でILDと確認されたのは429人。エルロチニブによるILD発生率は4.33%だった。3人に1人が死亡した(1.54%)。
 多変量Cox回帰分析の結果、エルロチニブによるILDのリスク因子として、ILD既往(補正ハザード比3.187)、喫煙歴(補正ハザード比2.246)、COPD(補正ハザード比1.860)、呼吸器感染症(補正ハザード比1.550)、PS2~4(補正ハザード比1.431)など。死亡を含めた重篤なアウトカムのリスク因子は、PS2~4(補正オッズ比2.450、95%信頼区間1.405~4.272、p=0.0016)、正常肺50%未満(補正オッズ比3.118、95%信頼区間1.477~6.582、p=0.0029)、蜂巣肺合併間質性肺炎(補正オッズ比6.665、95%信頼区間1.349~32.943、p=0.0200)だった。


by otowelt | 2013-10-31 17:05 | 肺癌・その他腫瘍

<< OSAKA-LCSG 1102... 汚染メチルプレドニゾロンによる... >>