医療従事者の投資

e0156318_15251836.jpg いつもと趣向を変えたエッセイです。

・はじめに
 私は投資の専門家ではないので、突っ込みどころがたくさんあるかもしれませんが、経済学に興味がある素人の一意見として御笑覧下さい。


・医療従事者の投資
 医療従事者が投資を行う場合、どういったプランで行うべきかという成書はありません。職種に限らずとも、いわゆる毎日仕事をしている人間がどのように投資をすればいいのか、詳しく記した本も数えるくらいしかありません。私自身も、投資に明るい人からしてみればただの素人です。初心者なりに、毎日働きしながら投資を行うなら一体どういった投資がリスクが少なく妥当な選択肢かというのを考えてきました。

 銀行預金も見方を変えれば投資なのかもしれません。しかしながら、銀行預金の利回り(預金者にとってのイコール利益)は極めて低く、タンス預金とほとんど変わりません。利回りのよい投資方法はたくさんあるにもかかわらず、大多数の人が銀行預金という形で資産を保持しています。

 この理由として、
1.銀行預金とその他投資を比較した仕事量対効果のイメージが湧かないこと
2.医療従事者は元来理系であり投資について学ぶ機会が少ないこと、あるいは学ぶ時間がないこと
3.医療従事者は資格職であり、そもそも投資のニーズが少ないこと

が挙げられると思います。

 もちろん、住宅や車を購入してそれを資産にしているケースも多いですが、どちらかと言うとそれは資産として捉えているわけではなく、“生活に必要だから購入した”という動機の方が大きいかもしれません。

 医療従事者は、施設の副業規定に抵触しない投資であれば可能です。実は、一定規模内であれば国家公務員であろうと不動産投資すらも可能です。証券口座を開設する場合、「公務員」などの職業欄すら設けているくらいです。ただし、念のため施設の業務規約を確認した方が無難でしょう。


・投資はコワイ?
 では、銀行預金以外の投資はコワくないのか?という疑問が湧きます。

 たとえば投資の代表格として、株式が挙げられます。「株をやっている」と聞けば、危険・コワイといったイメージがあるという医療従事者は少なくありません。斯く言う私も、インデックスファンドではない株式については投機に近いイメージを持っています。私たちがこう思う理由は、先に挙げた理由のうちの投資について学ぶ機会が少ないという点が大きいと思います。また、マスメディアで取り上げられる投資スタイルの多くは、株式やFX(外国為替証拠金取引)です。投信はドラマティックさに欠けるからです。外科医のドラマが多くて、内科医のドラマが少ない理由と似ていますね。

 「デイトレードで1000万円儲けた!」、「主婦がFXで100万円儲けた!」など一部の美談が取り沙汰されています。その一方で「株で破産した」なんていう失敗談も耳にすることもあり、株式は非常にギャンブル要素が大きいものだと思っている人は多いでしょう。そのため、普段仕事をしている医療従事者はリスクが高い投資を避けるべきだという意見には私も賛成です。株式にこだわるのであれば、リスクの低い銘柄や株主優待狙いで投資をするくらいが丁度いいと思います。個人的には株主優待よりもふるさと納税の方を優先していますが。


・株式以外の投資
 しかし、投資とは株式だけではありません。たとえば、投資信託があります。

 投資信託は元本割れ(投資資金が減る)するリスクが比較的少ない投資の代表格でもあります。しかし、銀行や証券会社が投資信託の商品を大量にコマースしている上、これも何となくコワイ・難しいというイメージが先行して、医療従事者にとってこの類の投資は選択肢から消えてしまいます。

 投資信託とは、投資信託協会の説明を引用するならば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。つまり、プロにまかせるというやり方です。ファンドと呼ばれているものは、おおむね投資信託とイコールと考えていいと思います。

 一般的な投資信託の安全性については、少なくとも株式よりは安全であることは間違いありません。ただし投資信託であっても、投資先の安全性を重視すれば利回りは低くなり、高い利回りを求めると安全性は低下します。銀行の投資信託に関して言えば、投資信託は手数料と信託報酬という雑費が大きく結果的にタンス預金とほとんど変わらない事態も起こりえますので、オンライン証券で投資する以外の選択肢はないでしょう。タンス預金はイヤだという医療従事者で、なおかつリスクをできるだけ取りたくないという場合には個人向け国債あたりが妥当でしょう。必要な支出があれば、一部解約すれば問題ありません。

 利回りをもう少しよくしたい場合には、ETF(株式上場投資信託)が最もリーズナブルだと思います。ETFとは何かというと、日経平均株価やTOPIXなどの指数に連動する投資信託が市場にそのまま上場したものです。それって株式と同じじゃないかと思われる方もいるかもしれません。もちろんリスクがゼロとはいいませんが、ETFはかなり安全な部類に入る投資信託だと思います(商品にもよりますが)。投資信託はそもそも複数箇所に分散投資しているという性質上、よほどの事態がなければ大暴落という事態が防げるという利点があります。ETFの場合、余計な人材を仲介しないためコストが安いというメリットがあります。といっても個人向け国債やMRFと比較するとリスクは高いかもしれません。ただ、投資に慣れて将来のプランを立てることができれば、医療従事者でもETFの長期的保有は簡明な選択肢だと私は思っています。


・医療従事者にとっての投資のハードル
 「投資とは何なのか」という最初のスタートラインを知るためには、それなりの勉強が必要です。インターネットには初心者向けの情報が溢れていますので、本を購入しなくても勉強することは可能です。理系の職業に就いている私たちの多くは、この経済学にアレルギーを持っています。しかし、常にアップデートされる医学と比べてその情報量は決して多くありません。

 本気で投資家を目指すわけではありませんから、最低限のラインを知っておけばいいと思います。タンス預金のままではイヤだ、と少なくとも現状の資産に不安な人は、資産運用について一度勉強してみてはいかがでしょう。


by otowelt | 2013-11-07 00:30 | その他

<< 低体温療法は肺炎と敗血症のリスク HIV陽性/陰性カップルにおけ... >>