シーブリ®長期処方解禁

e0156318_12164017.jpg
 12月1日からシーブリ®の長期投与が解禁となりました。これまでスピリーバ®の独壇場であったCOPDの長期管理薬の世界に、シーブリ®だけでなく今後はウルティブロ®も参入することになります。

 ハンディヘラー、ブリーズヘラーともにカプセル充填タイプであり、デバイスの観点からはレスピマットが一歩抜き出ていることは否めません。TIOSPIR試験の存在があるとはいえ、まだスピリーバ®は吸入抗コリン薬の主役で居続けるでしょう。今後、カプセル充填が不要なデバイスの登場が望まれます。


 山本舜悟先生編集の「かぜ診療マニュアル」が出ます。せっかくなので単独記事を作っておおっぴらに宣伝しようか迷ったのですが、記事末で紹介させて頂くことにしました。まだ入手していませんが、豊富な臨床経験と知識がないとなかなか世に出しにくいテーマだと思います。手元に届くのが楽しみです。
e0156318_1738377.jpg
・Amazonで購入

by otowelt | 2013-12-03 00:12 | 気管支喘息・COPD

<< 人工呼吸器関連肺炎における短期... 各国の非結核性抗酸菌症の頻度 >>