結核の喀痰検査は早朝でなくてもよい?

短報ですが、興味深いですね。

Das, D, et al.
Spot or early morning sample for mycobacterial culture: which?
The International Journal of Tuberculosis and Lung Disease, Volume 18, Number 3, 1 March 2014 , pp. 310-311(2)


概要:
 インドにおける耐性結核の研究の患者データを用いて、喀痰のタイプによる診断能の差を検証したものである。喀痰は、監視下で採取された1日目の喀痰(随時喀痰)と、非監視下で採取された2日目の早朝の喀痰(早朝喀痰)のパフォーマンスを比較。その結果、喀痰の採取パターンによる培養陽性率に差はみられなかった(89.9% vs. 87.7%)。
e0156318_1444611.jpg
(文献より引用)


by otowelt | 2014-02-23 10:58 | 抗酸菌感染症

<< 進行肺癌に合併する難治性続発性... ジェネラリストのための内科診断... >>