ERACLE試験:Lilly OncologyでGaletta医師 講演

 イーライ・リリーのLilly Oncologyで、先の世界肺癌学会で公表されたERACLE試験についてGaletta医師が講演しています。

URL:http://lilly5.m3.com/contents/alimta/2013/WCLC/02/index.html?cid=2014027V0U&from=pc(←クリック)

e0156318_17334022.jpg
 ご存知の通り、ERACLE試験は、シスプラチン+ペメトレキセドによる導入療法後にペメトレキセドによる維持療法を行う群と、カルボプラチン+パクリタキセル+ベバシズマブによる導入療法後にベバシズマブによる維持療法を行う群に割り付けた第3相試験です。プライマリエンドポイントは生存期間ではなくQOLです。結果、シスプラチン+ペメトレキセドによる導入療法後にペメトレキセドによる維持療法を行う群では、QOLが良好であったと報告されています。

 映像で勉強したほうが頭に入りやすいですね。ちなみにERACLEとは、イタリア語でヘラクレスという意味です(ギリシア神話の英雄)。


by otowelt | 2014-03-09 10:28 | 肺癌・その他腫瘍

<< 胸部HRCTにおけるpossi... Wikipediaから引用して... >>