肺癌を新規に診断された患者における静脈血栓塞栓症の頻度:13.2%

e0156318_14152561.jpg  癌患者さんでは静脈血栓塞栓症がなくともD-ダイマーの上昇が恒常的に観察されることがあるため有用とは考えていませんが、静脈血栓塞栓症を軽視しないように気をつけなければなりません。

Yuhui Zhang, et al.
Prevalence and associations of venous thromboembolism in patients with newly diagnosed lung cancer
Chest. 2014. doi:10.1378/chest.13-2379


背景:
 肺癌に対する治療前の静脈血栓塞栓症(VTE)のリスクについてはよくわかっていない。

方法:
 2009年1月から2011年1月までの間、5病院において合計673人の新規に肺癌と診断された入院患者が入院後1週間以内にVTEの精査をおこなった。画像検査を含め、すべてのVTEイベントが記録された。血球数、血清CEAが治療前に測定された。

結果:
 VTEイベントは673人の患者のうち89人(13.2%)に起こった。42人(6.2%)がPEのみであり、14人(2.1%)がDVTとPEの両方を発症した。多変量ロジスティック回帰分析により、遠隔転移(オッズ比2.2; 95%信頼区間1.2-3.9)、白血球増多(オッズ比2.8; 95%信頼区間1.5-5.4)が有意にDVTと関連していた。また、腺癌(オッズ比2.1; 95%信頼区間1.1-4.4)、貧血(オッズ比4.6; 95%信頼区間1.4-14.5)は有意にPEと関連していた。血清CEA上昇は、PEと関連していた(P for trend=0.06)。PEのリスク診断に対するCEAのROC曲線下面積は0.68 (95%信頼区間 0.59-0.76, P <0.001)であった。
e0156318_14245892.jpg
(文献より引用)

結論:
 肺癌と新規に診断された患者におけるVTEの頻度は高かった。肺癌患者において、DVT関連因子はPEのそれとは異なっているのかもしれない。血清CEA上昇はPE発症リスクの高い患者を同定するのに有用かもしれない。

補足:
 過去の報告と照らし合わせると結果はまちまちであるが、Connollyらの報告したより大規模な研究においても同様の数値であった。 
e0156318_14215840.jpg
(文献より引用)


by otowelt | 2014-04-09 00:05 | 肺癌・その他腫瘍

<< ネコから飼い主へ感染した結核 COPDに対するアドシルカ®は... >>