重症進行性非IPF間質性肺疾患におけるリツキシマブの投与は呼吸機能に良好な効果

e0156318_12111774.jpg いかなる治療をもってしても効果が得られない間質性肺疾患の患者さんに対する、リツキシマブのレトロスペクティブな検討を報告したものです。

GREGORY J. KEIR, et al.
Rituximab in severe, treatment-refractory interstitial lung disease
Respirology Volume 19, Issue 3, pages 353–359, April 2014


背景および目的:
 通常の免疫抑制治療が行われているにもかかわらず進行する重症の間質性肺疾患(ILD)患者に対して、CD20モノクローナル抗体のリツキシマブは効果的に作用するかもしれない。

方法:
 2010年から2012年までの50人の重症進行性ILD患者(特発性肺線維症[IPF]は除外)のレトロスペクティブな検討において、リツキシマブの効果を検証した。リツキシマブ投与前後の呼吸機能の変化を調べた。

結果:
 50人中33人の患者のILDは膠原病に関連したものであった。他の6人が過敏性肺炎、11人がその他。リツキシマブ投与時、患者の平均努力性肺活量は予測値の44.0% (24.0–99.0%)であり、DLCOは24.5%(11.4–67.0%)だった。リツキシマブ投与前6~12ヶ月の努力性肺活量の減少中央値は14.3%で、DLCOは18.8%だったが、投与後6~12ヶ月には前者は6.7% (P < 0.01)の改善がみられDLCOは横ばいで安定した(0% change; P < 0.01)。
e0156318_125368.jpg
(文献より引用:努力性肺活量とDLCOの変化)

 リツキシマブ投与後、2人の患者が入院を要する重篤な感染症(肺炎)を併発し、10人が基礎のILDに由来して死亡した。

結論:
 通常の免疫抑制治療が行われている重症の進行性非IPF-ILDに対するリツキシマブは効果的な治療となりうる。前向き比較試験によってこれらの効果や安全性を検証することが望まれる。


by otowelt | 2014-04-17 00:55 | びまん性肺疾患

<< 喫煙は結核再発のリスク 喫煙者に対するACE阻害薬はC... >>