ネコから飼い主へ感染した結核

e0156318_12273469.jpg Mycobacterium bovisの話です。

Nigel Gibbens
Mycobacterium bovis infection in cats
Veterinary Record 2014;174:331-332 doi:10.1136/vr.g2344


概要:
 PHE(Public Health England )およびAHVLA(Animal Health and Veterinary Laboratories Agency)によれば、2013年にイギリス国内の2地域で飼いネコのMycobacterium bovis感染例が9件同定された。PHEは感染した当該ネコと接触歴のあった39人を同定し、結核の精密検査を施行するよう推奨し、24人がこれを受けた。結果、2人が活動性結核、2人が潜在性結核感染(LTBI)と診断された。活動性結核を発症した2人は、M. bovisの感染が確認された。LTBIについては微生物学的診断は不可能であった。2013年3月以降、新たなネコ-ヒト感染事例はないとのこと。


by otowelt | 2014-04-09 12:28 | 抗酸菌感染症

<< リピトール®は気管支拡張症の咳... 肺癌を新規に診断された患者にお... >>