ジオトリフ発売

 2014年5月7日にジオトリフ(アファチニブ)が発売されます。1日40mgから開始しますが、下痢をはじめとした副作用によっては20mgにして減量投与することが可能です。下痢はほぼ必発のようですので、ロペミン(ロペラミド)などを併用する方が望ましいそうです。

【販売名】
 ジオトリフ錠20mg(20mg1錠)
 ジオトリフ錠30mg(30mg1錠)
 ジオトリフ錠40mg(40mg1錠)
 ジオトリフ錠50mg(50mg1錠)

【成分名】
 アファチニブマレイン酸塩

【薬価】
20mg1錠 5840.70円
30mg1錠 8547.40円
40mg1錠 11198.50円
50mg1錠 12760.00円

【効能・効果】
 EGFR遺伝子変異陽性の手術不能又は再発非小細胞肺癌

【用法・用量】
通常、成人にはアファチニブとして1日1回40mgを空腹時に経口投与する。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日1回50mgまで増量できる。

 メーカーから適正使用ガイドが入手できますので、参考にしてください。
e0156318_9554229.jpg


by otowelt | 2014-05-01 00:41 | 肺癌・その他腫瘍

<< 家族性IPFと孤発性IPFの臨... ブラームスは外科医ビルロートの... >>