ATS2014:新しい手技・・・EBUS-MF(微小鉗子)を用いた生検

e0156318_22274031.jpg


G.B. Chun, et al.
If The Tissue Sampler Fits: Initial Experience With EBUS Guided Miniforceps Biopsy
[Publication Number: A2507]


概要:
 EBUS-TBNAでは針を穿刺しますが、このEBUS-MF(EBUS guided miniforceps biopsy)では微小鉗子を用いてリンパ節を直接つかむことができます。TBNAの場合、針で刺して吸引するのですが、気道上皮や軟骨が針に入ってしまうと思うような検体が採取できないというデメリットがあります。
 EBUS-MFがコマーシャルベースで実用化されれば素晴らしいと思います。
e0156318_14234252.jpg
(Abstractより引用)


by otowelt | 2014-05-20 09:07 | 気管支鏡

<< ATS2014:IGNITE統... ATS2014:IPFに対する... >>