ATS2014:胸腔SUVmaxが高い方が胸膜癒着術が成功しやすい

e0156318_22274031.jpg


D23
S.S. Comert, et al.
Can The Success Of Chemical Pleurodesis Be Predicted With PET-CT?
[Publication Number: A5465]


概要:
 化学療法不応性の悪性胸水の患者63人を摂る億し、緩和的に胸膜癒着術を施行した。胸水パラメータ(外観、LDH、タンパク、アルブミン、pH)や悪性細胞の胸腔内の有無、PET/CTにおけるSUVmaxの値と胸膜癒着術の成否との関連を調べた。その結果、胸腔/胸水のSUVmaxが高い患者では有意に胸膜癒着が成功する頻度が高かった(p<0.001)。また、pHが低い方が成功率が高かった(p<0.05)。



by otowelt | 2014-05-22 00:58 | 肺癌・その他腫瘍

<< ATS2014:胸部レントゲン... ATS2014:非結核性抗酸菌... >>