喫煙は肺炎球菌性肺炎の死亡リスクを上昇

e0156318_22543726.jpg 「喫煙はすべての呼吸器疾患のリスクと言っても過言ではないと思います」と書こうと思いましたが、過敏性肺炎に関してはリスクを下げるという報告もあることを思い出しました。

Salvador Bello, et al.
TOBACCO SMOKING INCREASES THE RISK OF DEATH FROM PNEUMOCOCCAL PNEUMONIA
Chest. 2014. doi:10.1378/chest.13-2853


背景:
 喫煙は市中肺炎や侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)のリスクを上昇させるが、肺炎球菌によるCAPのアウトカムにおいてその死亡にもたらす影響についてはよくわかっていない。この研究の目的は、肺炎球菌によるCAPの死亡率に現在の喫煙ステータスがどういった影響をもたらすか調べることである。

方法:
 われわれは多施設共同プロスペクティブ観察コホート研究を4288のCAP症例を用いて実施した。この研究は892人の肺炎球菌によるCAP患者を登録した。そのうち204人(22.8%)が現喫煙者、387人(43.4%)が非喫煙者、301人(33.7%)が既往喫煙者であった。

結果:
 30日時点での死亡率は3.9%であった。喫煙者別の内訳は、現喫煙者4.9%、非喫煙者4.3%、既往喫煙者2.6%であった。現喫煙CAP患者はより若く(51歳 vs 74歳)、またアルコール乱用者が多く、心疾患・腎疾患・気管支喘息は少なかった。現喫煙者はCURB65が低かったが、40%が診断時に重症敗血症を呈していた。年齢、肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、合併症などの複数の項目で補正した後も、現喫煙は肺炎球菌によるCAPの30日死亡の独立リスク因子であった(オッズ比5.0; 95%信頼区間 1.8-13.5; p=0.001)。
e0156318_2241758.jpg
(文献より引用)

結論:
 現喫煙者における肺炎球菌によるCAPは、重症敗血症を呈し若年例が多いが、合併症は比較的少なかった。喫煙は30日死亡のリスク因子であった。


by otowelt | 2014-06-05 00:17 | 感染症全般

<< 週末の在院は入院患者の死亡リス... メタアナリシス:閉塞性睡眠時無... >>