週末の在院は入院患者の死亡リスクを上昇?

e0156318_12474143.jpg 曜日に着目した興味深い報告です。やはり人手の問題が大きな要因でしょうね。この結果は海外に限ったことではないと思います。

Samy Suissa, et al.
Friday and weekend hospital stays: effects on mortality
ERJ May 14, 2014 erj00077-2014


背景:
 病院に週末に入院することは死亡率が高くなることと関連しているが、週末に在院していることの影響については不明である。われわれは、COPDあるいは肺炎の患者で週末および金曜日に在院していることが死亡率を高くするかどうか調べた。

方法:
 1990年から2007年までの間、カナダのケベック州のヘルスケアデータベースからCOPDあるいは肺炎で入院した患者を抽出した。金曜日および週末の在院のハザード比が年齢、性別、合併症で補正したCoxモデルを用いて推定された。

結果:
 323895人のCOPDあるいは肺炎の入院患者が同定され、32414人が死亡した。死亡リスクは週末に入院した患者で高かったが(ハザード比1.06, 95%信頼区間1.03–1.09)、金曜日の入院で高いということはなかった(月曜から木曜との比較:ハザード比0.97, 95%信頼区間0.95–1.00)。
 入院日とは独立して、週末および金曜日に在院していることそのものは高い死亡リスクと関連していた(週末在院:ハザード比1.07, 95%信頼区間1.04–1.09、金曜在院:ハザード比1.05, 95%信頼区間1.02–1.08)。
e0156318_12403316.jpg
(文献より引用)

e0156318_1242459.jpg
(文献より引用:作成モデル)

結論:
 COPDあるいは肺炎患者は金曜あるいは週末に在院していると死亡リスクが高くなる。


by otowelt | 2014-06-06 00:49 | 呼吸器その他

<< マグネシウムは気管支喘息発作に... 喫煙は肺炎球菌性肺炎の死亡リス... >>