システマティックレビュー:ペニシリン・セファロスポリンとカルバペネムの交差反応

e0156318_9465048.jpg ペニシリンとカルバペネムの交差反応は5~10%であると研修医の頃に習った覚えがあります。今回のシステマティックレビューでは何かしらの過敏反応を呈したのが4.3%、IgEを介した反応に限るのであれば2.4%と報告されています。
 I型アレルギーの発症だけは注意して回避したいところですが、安易にアレルギーとカルテに記載して将来デメリットを被ることにも配慮しなければなりません。

Brittany Kula, et al.
A systematic review: Can one prescribe carbapenems to patients with IgE-mediated allergy to penicillins or cephalosporins?
Clin Infect Dis. first published online July 21, 2014


背景:
 βラクタム系抗菌薬であるペニシリン・セファロスポリンとカルバペネムの間には交差反応が懸念されているが、それが本当にIgEを介した交差反応をみているのかはわかっていない。

方法:
 小児と成人において、ペニシリンやセファロスポリンによってIgEを介した過敏症を起こしたあとカルバペネムに変更した患者データを収集し、システマティックレビューを実施した。反応は、IgEを介した反応が明らかなもの、IgEを介した反応が疑わしきものあるいはその可能性が高いもの、IgEを介した反応ではないものに分類した。

結果:
 10試験(4試験はレトロスペクティブデザイン)・12症例報告が適格基準を満たした。合計854人の患者が登録された。使用されたカルバペネムはほとんどがイミペネムかメロペネムであった。
 ペニシリンによるIgEを介した反応が過去に確定している、疑わしきものあるいはその可能性が高いものが838人であった。そのうち、カルバペネムが投与されて何かしらの過敏反応が疑われたのは36人(4.3%、95%信頼区間3.1~5.9)であった。IgEを介した反応が疑われたのは20人(2.4%、95%信頼区間1.6- 3.7%)だった。ペニシリンによるスキンテストが陽性だった患者(295人)のうち、1人だけが過敏反応を起こした(0.3%; 95%信頼区間0.06- 1.9%)。これはIgEを介した反応の可能性が高いと判断された。
 セファロスポリンによるIgEを介した反応が過去に確定している、疑わしきものあるいはその可能性が高いものと考えられた12人のうち、3人(25%)がカルバペネムにも何らかの過敏反応を示した。そのうち2人はIgEを介していない過敏反応と考えられた。

結論:
 ペニシリンとカルバペネムの間にIgEを介した交差反応の存在はかなりまれであると考えられるが、懸念事項には違いない。セファロスポリンとカルバペネムの間の交差反応の頻度は多かったが、有用なデータが限られていた。
 

by otowelt | 2014-08-07 00:08 | 感染症全般

<< 抜管後の酸素療法はベンチュリマ... 外傷性脳損傷患者における低用量... >>