高炭酸ガス血症を有する安定期COPD患者への長期NPPVは生存を改善

e0156318_1151268.jpg 全文が読めず、NPPVのプロトコルの詳細が分かりませんが・・・。
 PaCO2が70mmHgや80mmHgあっても、pHが7.4前後で代償されている患者さんを診ている呼吸器内科医は多いでしょう。

Thomas Köhnlein, et al.
Non-invasive positive pressure ventilation for the treatment of severe stable chronic obstructive pulmonary disease: a prospective, multicentre, randomised, controlled clinical trial
The Lancet Respiratory Medicine, Early Online Publication, 25 July 2014, doi:10.1016/S2213-2600(14)70153-5


背景:
 安定した高炭酸ガス血症のCOPD患者に対する長期の非侵襲性陽圧換気(NPPV)が生存を改善するというエビデンスは弱い。過去のプロスペクティブ研究は、人工呼吸器セッティングの調整の際に高炭酸ガス血症の改善をターゲットとしていなかった。この研究において、炭酸ガス血症の改善を目標とした長期NPPVが、安定した炭酸ガス血症を有するCOPD患者の生存にもたらす影響を調べた。

方法:
 プロスペクティブ多施設共同ランダム化比較試験(医師主導)において、安定期にあるGOLD IV期のCOPD患者で、PaCO2≧51.9mmHg、pH≧7.35の患者を登録した。NPPVはPaCO2が最低でも20%以上の減少あるいは48.1mmHg未満に改善することを目標に設定された。患者はランダムに1:1に通常ケア(コントロール群)あるいは通常ケアに少なくとも12ヶ月のNPPV装着を受ける群(介入群)に割り付けられた。
 プライマリアウトカムは1年後の総死亡率とした。解析はITT解析とした。

結果:
 患者はドイツおよびオーストリアの36施設から登録され、2004年10月29日から2011年7月31日までの症例が解析の対象となった。195人の患者がランダムにNPPV群(102人)、コントロール群(93人)に割り付けられた。
 1年後の死亡率は介入群12%、コントロール群33%だった(ハザード比0.24、95%信頼区間0.11—0.49; p=0.0004)。介入群の14人(14%)の患者は皮膚炎を合併したがマスクの調整によってマネジメント可能であった。

結論:
 高炭酸ガス血症を有する安定期COPD患者に対して、PaCO2の減少を目標とした長期NPPVの介入を通常のケアに加えることで生存率が改善する。


by otowelt | 2014-07-31 12:18 | 気管支喘息・COPD

<< 何となく研修医に伝えたいこと ... 日本人の喫煙者率は19.7%へ >>