腎移植患者のニューモシスチス肺炎に対するクリンダマイシン-プリマキンの有効性

e0156318_20444355.jpg アトバコンやペンタミジンをすっ飛ばしてクリンダマイシン-プリマキンの話題です。

Nickel P, et al.
Clindamycin-primaquine for pneumocystis jiroveci pneumonia in renal transplant patients.
Infection. 2014 Aug 29. [Epub ahead of print]


背景:
 腎移植患者においてST合剤はニューモシスチス肺炎(PCP)の第一選択として考慮されている。代替治療は十分に研究されていない。クリンダマイシン-プリマキン(C-P)はHIV関連のPCPには有効とされているが、腎移植患者では不明である。

患者および方法:
 レトロスペクティブコホート研究において、PCPを発症した57人の連続した腎移植患者を登録した。23人がC-P、34人がST合剤で治療された。

結果:
 有意ではなかったが、C-Pでは効果不良による治療失敗率が高かった(30.4% vs 20.6 %, p = 0.545)。この差は重症のPCPではさらに顕著にみられ(60% vs 37.5 %, p = 0.611)、サルベージ治療としてはC-Pは効果に乏しいと考えられた。ST合剤に不応性でC-P治療に切り替えられた2人の患者がC-P治療に失敗したが、C-P治療に失敗しST合剤に切り替えられた7人の患者は治癒した。

結論:
 C-Pは腎移植を受けたPCPの患者に忍容性が高かったが、ST合剤よりは効果が不良であった。しかしながら、ST合剤に禁忌や治療有害事象がある場合は代替治療としてC-Pを考慮してもよい。C-P治療が失敗した症例でもST合剤は効果的なサルベージ治療となろう。


by otowelt | 2014-10-25 00:15 | 感染症全般

<< モキシフロキサシンと高用量リフ... 胸腔鏡下の肺葉切除は開胸と同等... >>