DPB患者には非結核性抗酸菌症がしばしば観察される

e0156318_21415744.jpg DPBは緑膿菌と喀痰との戦いになることが多いです。NTMも重要な病原微生物ですね。

Takahiro Tsuji, et al.
Nontuberculous mycobacteria in diffuse panbronchiolitis
Respirology,30 SEP 2014 DOI: 10.1111/resp.12412


背景および目的:
 嚢胞性線維症に続発する非結核性抗酸菌症(NTM)は報告されているが、非嚢胞性線維症の気管支拡張症患者におけるNTMの頻度についてのデータは限られている。われわれはレトロスペクティブにびまん性汎細気管支炎(DPB)におけるNTMの頻度について調べた。

方法:
 われわれは2000年1月から2012年12月までの間に、33人のDPB患者における抗酸菌培養、患者特性、CT検査を調べた。少なくとも1回NTMが培養で陽性になったものをNTM陽性、陽性にならなかったものをNTM陰性、培養検査が実施されていないものをNTM非同定と定義した。
 DPBの診断は、1998 年厚生省特定疾患びまん性肺疾患調査研究班のものに従った。

結果:
 平均年齢は51.5歳であった。平均フォローアップ期間は162.8ヶ月であり、喀痰におけるNTMの頻度は21.2%(7人)だった。3人(9.1%)が少なくとも2回培養陽性であった(ATS/IDSA診断基準)。その7人のうち、6人がMACで、1人がM.kansasiiだった。M.chelonaeはMACと合併していた例が1人確認された。7人中4人に感受性検査が実施され、MACはすべてクラリスロマイシン感受性だった。緑膿菌は最も頻度が高く分離された(14人:42.4%)。ただし、NTM陽性患者とNTM陰性患者の間で緑膿菌の分離頻度に差はみられなかった(p=1.00)。
 最初の培養陽性からDPBの診断までの平均期間は194.6ヶ月であった。
 NTM陽性患者は、NTM陰性患者と比較して低い1秒量(%予測値)である傾向にあった(50.0% vs 77.3%, P = 0.03)。しかし、放射線学的あるいは臨床的な差は両群では観察されなかった。

結論:
 本研究によれば、NTMはDPBの患者でしばしば観察される。粘膜線毛クリアランスの欠如が個体にNTM感染をもたらすのかもしれない。


by otowelt | 2014-10-17 00:08 | 抗酸菌感染症

<< アメリカFDAがIPFに対する... 超多剤耐性結核に対するリネゾリ... >>