低線量CTによる肺癌スクリーニングのコストと効果

e0156318_1014355.jpg スクリーニング検査とコストは切っても切れない関係です。

W.C. Black, et al.
Cost-Effectiveness of CT Screening in the National Lung Screening Trial
N Engl J Med. 2014 Nov 6;371(19):1793-1802


背景:
 低線量CTを用いたアメリカの肺スクリーニング試験(NLST)では、低線量CTは胸部レントゲン写真を用いたスクリーニングと比べて肺癌の死亡率を低下させることがわかっている。われわれは、NLSTにおける低線量CTスクリーニングの費用対効果を報告する。

方法:
 低線量CTスクリーニング、胸部レントゲン写真スクリーニング、スクリーニングなしの3つの戦略について、生存年数、質調整生存年(QALY)、1人あたりのコスト、費用対効果比(ICER)の平均を推定した。生存年数は、試験期間中の観察死亡数と試験終了時に生存していた人の予測生存年数に鑑みて推定。生存年数の質調整に関しては、QOL調査のために選定したサブグループ集団から算出した値を使用することとした。コストは、利用率とメディケアの償還から推定。年齢をはじめとしたいくつかのサブグループの解析と、感度分析を行った。

結果:
 肺がんスクリーニングを行わない群と比べて、低線量CTスクリーニングでは、コストは1人あたり1631ドル(95%信頼区間1557~1709ドル)増加し、生存年数は1人あたり0.0316 年(95%信頼区間0.0154~0.0478年)延長し、QALYは1人あたり0.0201年(95%信頼区間0.0088~0.0314年)延長した。ICERは、生存年ごとに52000ドル(95%信頼区間34000~106000)、1QALYあたり81000ドル(95%信頼区間52000~186000)だった。しかしICERは、サブグループ・感度解析で大きなばらつきが観察された。

結論:
 低線量CT肺がんスクリーニングでは、1QALYあたり81000ドルのコストがかかると考えられるが、基礎の仮定の変更によってこの数値が大きく変わるかもしれない。実際のスクリーニングにコスト対効果があるかどうかの判断は、どのようにスクリーニングを行うかによる。


by otowelt | 2014-11-10 00:45 | 肺癌・その他腫瘍

<< メタアナリシス:サルコイドーシ... 気管支鏡後の気胸に対して胸腔ド... >>