今年もよろしくお願い申し上げます

 2014年は連載や執筆が増えた1年でした。また、診療する患者さんの数も前年より増えたため、2014年を表す漢字を書けと言われれば「忙」という字が真っ先に思いつくほどでした。
 患者さんに費やす時間を減らさないことが大前提なので、お断りした執筆の依頼もたくさんありました。そんなさなか第二子が誕生し、ますます時間の使い方の構築が難しくなってきました。それでもこれまでと同じようにたくさん論文を読んで、呼吸器内科診療の進歩から置いてけぼりをくらわないよう奮励努力したいと思います。
 2015年も当ブログをどうぞよろしくお願いします。

 近畿中央胸部疾患センター  倉原 優

by otowelt | 2015-01-02 00:46 | その他

<< NSIPは原因により死亡リスク... 画像での予後悪化因子と肺Myc... >>