メタアナリシス:ARDSに対する吸入プロスタグランジンは効果的?

e0156318_21563989.jpg ARDSに対する吸入プロスタグランジンの話題です。

Brian M. Fuller, et al.
The use of inhaled prostaglandins in patients with acute respiratory distress syndrome:
a systematic review and meta-analysis
Chest. 2015. doi:10.1378/chest.14-3161


目的:
 吸入プロスタグランジンが、ARDS患者の肺生理学あるいは死亡率を改善させるかどうか調べる。また有害事象について解析する。

方法:
 PubMed, EMBASE, CINAHL, Cochraneなどからデータを抽出。研究はランダム化の有無を問わず比較試験を登録した。2人の独立したレビュアーがタイトルやアブストラクトをスクリーニングした。

データ統合:
 1993年から2014年までの21年間の間、25の研究(ランダム化比較試験2つ)が同定された。アルプロスタジルとプラセボを比較した1つのランダム化比較試験において、平均P/F比の変化に差はみられなかった(141.2 [95%信頼区間120.8-161.5]→161.5 [95%信頼区間134.6-188.3] vs. 163.4 [95%信頼区間140.8-186.0] →186.8 [95%信頼区間162.9-210.7], p= 0.21)。
 残りの研究のメタアナリシスでは、吸入プロスタグランジンはP/F比を改善した(16研究; 39.0%増, 95%信頼区間26.7%-51.3%), またPaO2も改善(8研究; 21.4%増, 95%信頼区間12.2%- 30.6%)。肺動脈圧も減少させた(-4.8mmHg; 95%信頼区間-6.8mmHg~-2.8mmHg)。バイアスリスクおよび異質性は高かった。メタ回帰では、論文の出版年(p = 0.862), ベースラインの酸素化(p = 0.106), ARDSの原因(p = 0.816)、については治療効果に関連性はみられなかった。
e0156318_23111787.jpg
(文献より引用:P/F比)

 観察研究では17.4%の患者で血圧低下が起こった。

結論:
 ARDSにおいて、吸入プロスタグランジンは酸素化を改善し肺動脈圧を減少させるが、有害事象とも関連しうる。現時点で結論づけられるほどデータは十分ではなく、将来さらなる研究が必要である。


by otowelt | 2015-03-13 00:50 | 集中治療

<< 長期的な大気の質の改善は小児の... 成人気管支喘息患者に対するボー... >>