SLE患者の肺合併症では胸水、コンソリデーション、無気肺の合併が多い

e0156318_23212533.jpg SLEの肺病変の経験は、個人的には多くありません。

Omer S.B. Alamoudi, et al.
Pulmonary manifestations in systemic lupus erythematosus: Association with disease activity
Respirology, Article first published online: 30 JAN 2015, DOI: 10.1111/resp.12473.


背景および目的:
 全身性エリテマトーデス (SLE)は肺に影響を与える頻度の多い膠原病であるが、肺の表現型を予測するリスク因子はほとんど調べられていない。この研究の目的は、西サウジアラビアにおけるSLE患者の肺合併症の頻度を胸部HRCTを用いて調べ、その独立リスク因子を同定することである。

方法:
 本レトロスペクティブ研究において、10年間で184人のSLE患者が登録された。胸部HRCTにおける異常を同定し、その異常がループス腎炎、SLEの活動性(SLE Disease Activity Index 2000 item scoresで規定)あるいは補体・抗dsDNA抗体値と関連しているか調べた。

結果:
 登録患者のうち61人(33%)に肺合併症がみられ、52人(85%)の胸部HRCTで異常陰影が指摘された。頻度の高かったHRCT所見は、胸水貯留(58%)、コンソリデーション(42%)、無気肺(42%)だった。HRCTの異常と補体低値、抗dsDNA抗体高値、疾患活動性には関連がみられ(P < 0.05)、とりわけ胸水・心嚢液貯留、コンソリデーションとの関連が大きかった。また、SLEの診断から1年以内に肺の異常を指摘されることが多かった。しかしながら、罹患期間やループス腎炎は肺合併症のリスク上昇とは関連していなかった。

結論:
 サウジアラビアにおいてSLE患者の肺合併症は多く、胸水、コンソリデーション、無気肺がよくみられた。補体低値、抗dsDNA抗体高値、SLEの疾患活動性は有意にHRCTの異常と関連していた。


by otowelt | 2015-03-18 00:04 | 膠原病

<< 気管支鏡における経肺実質生検の... 悪性胸水を有する肺癌は予後不良 >>