ATS2015:COPD再入院率は抑うつや不安のある患者で高い

e0156318_10521810.jpg


 “COPD再入院”というテーマは最近の流行のようです。patient-oriented programの報告も今年は多いですね。

G.P. Singh, et al.
Association of Psychosocial Factors with 30-Day Readmission Rates in Medicare Beneficiaries with COPD
ATS 2015, A23, Mini Symposium


概要:
 メディケアによる研究(2001年~2011年)で、COPDの病名で入院した患者が30日以内に入院したかどうかのデータを用いた。全体の17.94%が30日以内に再入院をし、30日再入院率は近年になればなるほど高くなっていった(16.83%→21.12%)。
 30日再入院率は、抑うつ(24.53 % vs 16.97 % ,p< .0001)、不安(25.38 % vs 17.15 % ,p< .0001 )、アルコール濫用(25.71 % vs 17.80 %, p< .0001)、薬物濫用(27.90 % vs 17.86 % ,p< .0001)、精神病(24.67 % vs 17.49% ,p <.0001) のある患者で有意に高かった。多変量解析でもこれらは独立したリスク因子であった。

(補足)
 他のポスターボードでも同様の発表があります。

J.C. Williams, et al.
A Simple Scoring System to Predict 30-Day Readmission After an Acute Exacerbation of Chronic Obstructive Pulmonary Disease
ATS 2015, A23, Mini Symposium


"patient-oriented program"については以下の演題が興味深かった。

B. Harrold, et al.
A Successful COPD Population Management Program Fails to Affect 30-Day Readmission Rates
ATS 2015, A23, Mini Symposium



by otowelt | 2015-05-18 05:15 | 気管支喘息・COPD

<< ATS2015:胸腔穿刺時に肋... ATS2015:INPULSI... >>