ATS2015:split pleura signは膿胸診断に有用

e0156318_10521810.jpg



 日本からの報告です。Split Pleura Signは私も実地でよく使用しているサインです。

N. Tsujimoto, et al.
Simple Method for Differentiating Empyema from Parapneumonic Effusion Using the Split Pleura Sign and the Amount of Pleural Effusion on Thoracic CT
ATS 2015, A24, Poster Discussion Session


概要:
 膿胸および肺炎随伴性胸水と診断された連続患者をレトロスペクティブに登録した。多変量解析において、split pleura sign(ハザード比6.9, 95%信頼区間1.4-12.4, p=0.002)、総胸水量(40mm以上)(ハザード比4.2, 95%信頼区間1.4-12.4, p=0.009)は膿胸のリスク因子であった。split pleura signの感度、特異度、陽性的中率、陰性的中率はそれぞれ78.8%, 72.3%, 67.5%, 79.0%であった。



by otowelt | 2015-05-18 06:51 | 感染症全般

<< ATS2015:アスピリンの定... ATS2015:胸水中CRPは... >>