プライマリケアにおけるCOPDと気管支喘息の鑑別スコア

e0156318_12254076.jpg スコアリングしなくても、プライマリケアでは常識的な内容な気がします・・・。どこまでスコアや診断基準に頼るのが“医療”なのか、考えさせられました。

Young Seok Lee, et al.
New scoring system for the differentiation of chronic obstructive pulmonary disease and asthma
Respirology, Article first published online: 30 MAR 2015,DOI: 10.1111/resp.12511


背景:
 とりわけプライマリケアの現場では、COPDと気管支喘息を臨床で鑑別することは難しい。この研究の目的は、COPDと気管支喘息を鑑別するための新しいスコアリングシステムを構築することにあり、その効果を調べることである。

方法:
 まず、COPDと気管支喘息を鑑別する上で重要な因子を197人のCOPD患者および138人の気管支喘息の患者からレトロスペクティブに抽出した。続いて、これらの因子に基づいてスコアリングシステムを構築し、そのパフォーマンスをブートストラップ法によって検証した。そして、そのスコアリングシステムをプロスペクティブにCOPD患者104人、気管支喘息患者96人で解析検討した。

結果:
 スコアリングシステムに用いられた因子は、息切れを発症した年齢(40歳未満:0点、40-60歳:2点、60歳超:4点)、息切れの持続(なし:0点、あり:1点)、息切れの日変化(あり:0点、なし:1点)、胸部レントゲン写真における気腫肺(なし:0点、あり:1点)。患者はこれらのスコアリングに基づいて3群に分けられた。すなわち、0-2点:気管支喘息疑い、3-4点:鑑別困難、5-7点:COPD疑い
e0156318_22393185.jpg
(文献より引用:スコアリング)

 このスコアリングシステムによる外的妥当性は良好であった(AUC0.86、95%信頼区間0.813–0.911; P < 0.001)。
e0156318_22404133.jpg
(文献より引用:external validation AUC)

結論:
 このスコアリングシステムは、プライマリケアにおいてCOPDと気管支喘息の鑑別に有用なツールとなるかもしれない。


by otowelt | 2015-04-28 00:23 | 気管支喘息・COPD

<< T790M変異陽性肺癌患者に対... 成人重症患者に対して新鮮赤血球... >>