ATS2015:3Dプリント技術による気道ステントの作製

e0156318_10521810.jpg



 科学技術の進歩は素晴らしいですね。

G.Z. Cheng, et al.
Creating Personalized Airway Stents via 3D Printing
ATS 2015, B103, Poster Discussion Session


概要:
 現在の気道ステントはシリコン製、金属製、ハイブリッド素材が用いられているが、高価で合併症が多いため使用しにくい。もっとも主要な合併症はステントの移動と肉芽形成である。
 われわれは、解剖学的な解析に基づいた個人に合った気道ステントを作成した。3DCTに基づいた解剖学的精度の高いデータを作成し、3Dプリント技術を用いて個人に合った気道ステントを作製した。技術的には実用可能であり、今後の研究が期待される。
e0156318_23432781.jpg
(Abstractより引用:現在のYステントと3Dプリンターで作製した気道ステント)


by otowelt | 2015-05-19 04:10 | 気管支鏡

<< ATS2015:閉塞性睡眠時無... ATS2015:低アルブミン血... >>