ATS2015:EBUS-TBNAに用いる針の比較:22G vs 25G

e0156318_10521810.jpg



P.A. Berger, et al.
A Comparison of the 22-Gauge Medi-Globe Sonotip II Transbronchial Aspiration Needle with the 25-Gauge Cook Echotip Ultra Transbronchial Aspiration Needle, and the 25-Gauge Cook Echotip Procore Core Biopsy Needle During Endobronchial Ultrasound-Guided Tran
ATS2015, B103, Poster Discussion Session


背景:
 EBUS-TBNAは安全で低侵襲で高い診断能を有する気管支鏡検査である。この研究では22GのEBUS-TBNAと25GのEBUS-TBNAと25Gのコアニードルを比較した。

方法:
 EBUS-TBNAを受けた患者をレトロスペクティブに登録した。針は以下のものを使用
・22G:Medi-Globe Sonotip II needle
・25G:Cook Echotip Ultra needle
・25G:Cook Echotip Procore core biopsy needles
 それぞれの針による診断能を比較した。組織診断が可能であったか、また血液混入の度合いについても調べた。

結果:
 22G群に24人、25G群に24人が登録され、後者については25Gコアニードルを併用した患者についても調査した。
 22G群では合計87の針生検がおこなわれた。51生検(57%)が細胞診が可能であった。そのうち36生検(41%)が組織診断可能であった。血液混入は無視できるほどであった。
 25G群では合計96の針生検がおこなわれた(コアニードル併用)。69生検(71%)が細胞診が可能であった。そのうち、36生検(52%)が組織診断可能であった。血液混入は1検体のみで有意にみられた。
 25Gコアニードルでは組織診断評価は困難であった。

結論:
 少ない患者数の研究ではあるが、EBUSで用いる針は大きいGの方が望ましい診断能であった。将来的に大規模な研究でこれらを比較検討したい。


by otowelt | 2015-05-19 07:51 | 気管支鏡

<< ATS2015:COPD急性増... ATS2015:肺動脈径/大動... >>