ATS2015の予習:COPDの吸入薬のメモ

 育児に忙しいのでアメリカ胸部学会(ATS)には行きませんが、SNSやblogを駆使して会場にいるような臨場感を味わいながら学会を疑似体験したいと思っています。いくつか注目演題が発表されるので、予習をしておきたいと思います。というワケで、本記事は個人的なメモです。

 COPDの治療薬は合剤の進歩がめざましく、世界におくれを取らないよう知識をアップデートしておきたいと思います。吸入薬については忘れやすいので、いつも表にして保存しています。
 Spiolto®レスピマットやDuaklir®ジェヌエアは日本でも発売される方向性ですが、Striverdi®レスピマットは現時点では日本での販売予定はないそうです。
e0156318_23364271.jpg
e0156318_23365759.jpg
e0156318_13355564.jpg
e0156318_23373074.jpg



by otowelt | 2015-05-14 00:36 | 気管支喘息・COPD

<< ATS2016: 血中好酸球数はCOPDに対する... >>