治療抵抗性サルコイドーシスに対するインフリキシマブは呼吸機能を改善

 e0156318_11333269.jpg PETの使用法に関しては議論の余地があると思いますが・・・。

Adriane DM Vorselaars, et al.
Effectiveness of infliximab in refractory FDG PET-positive sarcoidosis
ERJ April 30, 2015 ERJ-02270-2014


背景:
 サルコイドーシスにおけるインフリキシマブの効果にはエビデンスが乏しく、潜在的に効果がある薬剤として世界的に広く普及しにくい現状がある。インフリキシマブの効果を調べるため、治療抵抗例を対象にオープンラベル試験を実施した。

方法:
 58人の患者は8回のインフリキシマブ(5mg/kg)点滴を受けた。呼吸機能、FDG-PETによる疾患活動性、QOLが調べられた。インフリキシマブの血中濃度が投与前に毎回測定された。

結果:
 インフリキシマブの26週間の治療後、努力性肺活量は平均6.6%改善した(予測値)(p=0.0007)。しかしながら、治療6ヶ月までは呼吸機能は減少した。
 ベースラインのSUVmaxが高い例では努力性肺活量の改善がよくみられた(R=0.62, p=0.0004)。総合的に効果がみられたのは79%であり、部分的な効果は17%に見られた。インフリキシマブのトラフ値と治療反応について相関はなかった。
e0156318_13294571.jpg
(文献より引用)

結論:
 インフリキシマブは治療抵抗性のFDG-PET陽性サルコイドーシスの努力性肺活量を有意に改善させる。治療前のSUVmaxが高い例ではその効果が期待できるため、複雑なサルコイドーシスの治療に有用である可能性がある。


by otowelt | 2015-05-30 00:52 | サルコイドーシス

<< 間質性肺疾患におけるテロメア長 COPD患者の呼吸音は深吸気時... >>