ATS2015:アスピリンの定期使用は気腫性病変の進行を抑制する?

e0156318_10521810.jpg


アスピリンの定期使用が気腫性病変の進行を抑制するのでは、というAaron医師の報告です。

会場にて。
「Our study found that patients taking aspirin regularly had a slower progression of emphysema over 10 years compared to those who did not use. This difference was not explained by many factors affected progression of emphysema―――」
 
C.P. Aaron, et al. Aspirin Use and Longitudinal Progression of Percent Emphysema on CT: The MESA Lung Study
ATS 2015, Poster Discussion Session


概要:
 4471人の参加者のうち、21%(921人)がアスピリンを定期使用しており、55%が既往喫煙者であった。呼吸器の検査を受けた25%の患者が気流閉塞を示唆された。年齢・性別・喫煙などの交絡因子で補正したところ、アスピリンの定期使用は10年にわたって有意な気腫性病変の進行抑制と関連していた。



by otowelt | 2015-05-18 07:40 | 気管支喘息・COPD

<< ATS2015:システマティッ... ATS2015:split p... >>