Phe508del CFTRホモ接合体の囊胞性線維症に対してルマカフトール+アイバカフトールは有効

e0156318_22432770.jpg 革新的な報告と思います。

Claire E. Wainwright, et al.
Lumacaftor–Ivacaftor in Patients with Cystic Fibrosis Homozygous for Phe508del CFTR
N Engl J Med 2015; 373:220-231


背景:
 囊胞性線維症は、囊胞性線維症膜コンダクタンス制御因子( cystic fibrosis transmembrane conductance regulator:CFTR)タンパク活性の欠損・低下が原因とされている、予後不良疾患である。其の中でもPhe508del はもっとも頻度の高いCFTR変異とされている。

方法:
 Phe508del CFTR変異のホモ接合体を有する12歳以上の囊胞性線維症患者を対象に、CFTR矯正薬ルマカフトール(VX-809)にCFTR増強薬アイバカフトール(VX-770)に併用した場合の効果を評価するために、2つの第3相ランダム化二重盲検プラセボ対照試験を行った。両試験とも、対象患者をルマカフトールのいずれかの用量(600mgを1日1回または400mgを12時間ごと)とアイバカフトール(250mgを 12時間ごと)を併用する群と、プラセボを投与する群に(1:1:1)ランダムに割り付け、24週間投与した。プライマリエンドポイントは、24週の時点での%1秒量のベースラインからの変化とした。

結果:
 ランダム化された1122人のうち、1108人が当該薬剤を1回以上投与された。ベースライン1秒量の平均は予測値の61%だった。いずれの試験でも、ルマカフトール+アイバカフトール2群のプライマリエンドポイントの有意な改善が観察された。治療薬とプラセボには、%1秒量の絶対的改善の平均に2.6~4.0%ポイントの差があり(P<0.001)、相対的変化の平均で4.3~6.7%に相当した(P<0.001)。
 プール解析ではルマカフトール+アイバカフトール2群では、呼吸器疾患の増悪率がプラセボ群よりも30~39%低いことが観察された。入院や抗菌薬投与にいたる頻度も、ルマカフトール+アイバカフトール群の方が有意に低かった。有害事象は、ルマカフトール+アイバカフトール群とプラセボ群とで同程度だった。有害事象による薬剤中止率は、ルマカフトール+アイバカフトール投与群で4.2%、プラセボ群で1.6%だった。

結論:
 Phe508del CFTR変異ホモ接合体による囊胞性線維症に対するルマカフトール+アイバカフトールの併用療法は有用である。


by otowelt | 2015-07-31 00:17 | 呼吸器その他

<< メタアナリシス:小児に対する吸... 出生体重と成人呼吸機能減少の関連性 >>