栄養障害や肺炎合併はインフルエンザウイルス感染の生存に不利益

e0156318_1113675.jpg 国立病院機構三重病院からの報告です。素晴らしいと思います。CHESTに掲載されている日本の呼吸器内科医を目にすると嬉しくなります。

Takaya Maruyama, et al.
Outcomes and prognostic features of patients with influenza requiring hospitalization and receiving early antiviral therapy: A Prospective Multicenter-Cohort Study
Chest. 2015 Jul 23. doi: 10.1378/chest.14-2768. [Epub ahead of print]


背景:
 日本において、インフルエンザの患者に対する抗ウイルス薬のルーチンの使用が標準治療である。

方法:
 多施設共同プロスペクティブコホート研究において、インフルエンザが陽性であった入院患者で抗ウイルス治療を受けた患者の予後予測因子を同定した。

結果:
 1345人のインフルエンザの患者が登録された(766人が小児、579人が成人)。抗ウイルス治療が適応とならない1歳未満の乳児を除外した場合、1253人中1224人(97.7%)が抗ウイルス治療を受けた。579人の成人患者のうち、24人(4.1%)が30日以内に死亡したが、766人の小児に死亡例はなかった。528人(91.2%)の成人患者はインフルエンザA型であり、509人(87.9%)が慢性疾患を基礎に有しており、211人(34.6%)が画像検査で同定された肺炎を有していた。死亡した24人中20人が肺炎によるものであった。肺炎の微生物学的内訳は、Streptococcus pneumoniae (12.3%), Staphylococcus aureus (10.9%)(MRSAを含む[3.3%]), 腸内細菌科(8.1%), Pseudomonas aeruginosa (3.3%)であった。これらのうち、151人は市中肺炎(CAP)に分類され、60人は医療ケア関連肺炎(HCAP)に分類された。不適切な治療はCAPよりもHCAPに多かった(15.2% vs. 2%, p=0.001)。潜在的な多剤耐性病原菌はHCAPの患者に多く(21.7%vs 2.6%, p<0.001)、特にMRSA(10% vs 0.7%, p=0.002)やPseudomonas aeruginosa (8.3% vs 1.3%, p=0.021)が多かった。男性、重症度スコア、血清アルブミン(栄養障害)、肺炎の存在はインフルエンザ発症からの30日生存に関連する独立予測因子であった。

結論:
 予後予測因子のうち、栄養障害と肺炎については医療介入が行われるべきである。ほとんどのインフルエンザの患者には適切な治療が行われているが、CAPとHCAPには微生物学的な原因に乖離がみられる。インフルエンザとHCAPを有する患者では、経験的治療を向上することが望まれる。


by otowelt | 2015-08-05 10:48 | 感染症全般

<< SAPALDIA研究:成人の気... 実臨床でIPF急性増悪の診断に... >>