P/F比によって診断されたARDSとS/F比によって診断されたARDSは臨床的に同等

e0156318_21563989.jpg 血液ガス分析を用いないARDSの試験組み入れ基準についての意見です。

Wei Chen, et al.
Clinical Characteristics and Outcomes are Similar in ARDS Diagnosed by SpO2/FiO2 Ratio compared with PaO2/FiO2 Ratio
Chest. 2015. doi:10.1378/chest.15-0169


背景:
 ARDSの患者においてSpO2/FiO2比(SF)は、PaO2/FiO2比(PF)と強く関連している。しかしながら、SFがPFにとってかわるかどうか、またSFがPFによって診断されたARDS患者と臨床的な違いがあるかどうかよくわかっていない。

方法:
 われわれは大規模観察研究コホートの二次解析を行った。患者は内科ICUに入室した患者でARDSのベルリン基準を満たすものとした。低酸素血症はPF300以下、SF315以下と規定。

結果:
 362人のARDS患者のうち238人(66%)がPFによって、124人(34%)がSFによって診断された。SFによって診断された患者で同日に血液ガス分析を実施している患者10人では、PFはARDS基準を満たさなかった。全体として、APACHEIIスコアを除く臨床的特徴・データにはSF、PF両群で差はみられなかった(PFではAPACHEIIスコアが高くなった:血液ガス分析データに由来)。人工呼吸器装着期間(両群平均7日)、ICSU入室期間(PF,SFでそれぞれ平均10 vs 9日)、入院死亡率(両群平均36%)を含む臨床アウトカムに差はみられなかった。

結論:
 SFによって診断されたARDS患者ではPFによる同患者と同等の臨床的特徴を有していた。SFは臨床試験に早期に組み入れられるべきARDS患者に対しても診断的ツールとして一考に値する。


by otowelt | 2015-09-04 00:49 | 集中治療

<< 気管支拡張症に対する吸入薬の使... PTSD患者におけるOSAS合... >>