レルベア®エリプタがCOPDに対して保険適応承認申請予定

 レルベア®エリプタは現在、気管支喘息の長期管理薬としての保険適応がありますが、COPDに対する使用につき、一部変更承認申請予定であることをグラクソスミスクライン社が発表しました。海外ではブレオ®エリプタ(レルベア®エリプタと同製剤)はCOPDに適応があります。

 もし申請が通れば、COPDに対して使用できるICS/LABAは、アドエア®、シムビコート®、レルベア®の3種類になります。フルティフォーム®もいずれ申請してくるのではと予想しています。

 とはいえ、現時点では個人的にはCOPDに対してICS/LABAを使用するケースはそう多くありません。話題のACOSに対してはよい適応と思いますが。


by otowelt | 2015-10-11 11:30 | 気管支喘息・COPD

<< 早期胃癌に対する胃切除は結核発... COPD吸入薬の進化:MABA... >>