ミノサイクリンによる気管支変色

 気管支鏡中に気管支が黒く見えることを「Black bronchoscopy:黒色気管支鏡」なんて呼ぶことがあるとかないとか。私の知る限りは煤(すす)による変色と悪性黒色腫の転移くらいしかありません。

・Black bronchoscopy:黒色気管支鏡所見

 慶應義塾大学から、ミノサイクリンによる気管支変色の報告がありました。ふと疑問に思ったのですが、ACTHでも色素沈着するのでしょうか。

Takanori Asakura, et al.
Blue-black Trachea as a Result of Minocycline-induced Hyperpigmentation
Am J Respir Crit Care Med. First published online 01 Oct 2015 as DOI: 10.1164/rccm.201508-1527IM


概要:
 61歳の女性が皮膚、耳、爪の青黒色の変色を訴えて来院した。この色の変化は過去3年かけてゆっくり進行してきたものらしい。5年前、彼女はMycobacterium abscessusと診断され、長期にわたり抗菌薬を投与されてきた。それにはミノサイクリン(100mg1日2回)も含まれていた。
 上記所見以外にも、気管支鏡において気道内の変色がみられた。ミノサイクリンの投与を中止すると、6か月後には色素沈着は軽快していた。


by otowelt | 2015-11-02 00:31 | 気管支鏡

<< EBUS-TBNAの技術的側面... 肺癌診断前の腫瘍マーカーの有用性 >>