重症COPD急性増悪を起こした患者において、CATスコアが4点以下の改善だと再増悪が多くなる

e0156318_16153338.jpgCATスコアを定期的にとることで、分かることが増えるかもしれませんね。

Patricia García-Sidro, et al.
The CAT (COPD Assessment Test) questionnaire as a predictor of the evolution of severe COPD exacerbations
Respiratory Medicine, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.rmed.2015.10.011


背景:
 COPD急性増悪は、疾患の進行と医療費の増大に影響を与えるため、その予後を評価する指標の確立が必要とされている。

方法:
 多施設共同前向き観察研究により、COPD急性増悪の患者に対するCOPDアセスメントスコア(CAT)の予後予測能を調べた。身体的および臨床的因子が解析された。すなわち、喫煙歴、過去1年の急性増悪歴、治療歴、ベースラインの呼吸困難感に程度、合併症、入院時血液検査(血算・動脈血液ガス分析・生化学)、入院24時間以内のCATスコア、入院3日目のCATスコア、退院時のCATスコア、3か月時のCATスコアである。

結果:
 106人の患者が評価された(男性91人)。平均年齢は71.1±9.8歳で、平均%1秒量は45.2±14.7%、入院時平均CATスコアは24.7±7.1点だった。退院後3ヶ月時において、治療失敗は38人(36.8%)にみられ、14人(13.2%)は入院を要さない急性増悪、22人(20.8%)は再入院を要する急性増悪を呈し、3人(2.8%)は経過中に死亡した。
 治療失敗を予測する3つの因子が同定された。入院時-退院時のCATスコアの改善が4点以下、ヘモグロビン低値、在宅酸素療法の3つである。

結論:
 重症COPD急性増悪を起こした患者において、入院時-退院時のCATスコア改善が4点以下だとその後新たな急性増悪を起こして再入院や死亡のリスクとなるかもしれない。


by otowelt | 2015-11-13 00:04 | 気管支喘息・COPD

<< 肺MAC症に対するクロファジミ... ネットワークメタアナリシス:閉... >>