世界一短い医学論文のタイトル

e0156318_7383323.jpg あらゆる医学論文には、タイトルがついています。日本語の場合、「~~~の検討」「~~~の考察」のようなタイトルになることが多いですが、英語の場合、ちょっととんちじみたタイトルの論文もあります。

 さて、紹介するのは世界一短い論文のタイトルです。医学論文のタイトルが短いと、アクセス数が増えて他の論文から参照される確率が高くなるそうです(Clinics (Sao Paulo). 2012 May; 67(5): 509–513.)。

 私が調べた限り、少なくとも2014年の時点で最も短い医学論文のタイトルは“Myopia” という論文(Lancet. 2012 May 5;379(9827):1739-48.)、または“Prions”という論文(Cold Spring Harb Perspect Biol. 2011 Jan; 3(1): a006833.)でした。6文字。前者は近視に関する論文、後者はプリオン病に関する論文です。 

 しかし2015年に”Click”というタイトルの論文が登場しました。Myopiaよりも1文字少ない5文字!世界記録更新です!

Jenny Pinfield, et al.
Click.
Nurs Child Young People. 2015 Nov 12;27(9):11.


 これは小児におけるデジタルデバイスのアプリケーション教育に関する論文です。医学論文なのかと問われるとちょっと窮してしまいますが、PubMedという医学論文を集めたウェブサイトに掲載されているのでヨシとしましょう。それにしてもタイトルに「クリック」なんて書かれると、悪質サイトにつながるのかと警戒されてクリックしてくれない気もしますが・・・。

 もっと短いタイトルの医学論文があれば教えて下さい。


by otowelt | 2015-12-29 00:32 | その他

<< CAPACITY試験+ASCE... IPFや肺癌におけるL1-CA... >>