クリスマスBMJ:医学部の指導者は口ヒゲが多い

e0156318_10323428.jpg クリスマスBMJ、11本目です。
 口ヒゲ指数の定義が思っていたのと逆の定義で、指数が低いほど口ヒゲが多いという意味を指します。外科分野では口ヒゲはさすがに少ないですね。

Mackenzie R Wehner, et al.
Christmas 2015: Face Time
Plenty of moustaches but not enough women: cross sectional study of medical leaders
BMJ 2015; 351 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.h6311 (Published 16 December 2015)


目的:
 口ヒゲがあるリーダーと女性リーダーの数を比較することで、医学部の教育指導者の立場にある人間の性差に注目したい。

方法:
 アメリカの医学校における横断研究である。NIHと関連のある50のアメリカ医学校からリーダーに位置する1018人を被験者に選んだ。女性リーダーの数とヒゲのあるリーダー(ヒゲリーダー)の数をアウトカム指標に設定した。加えて、口ヒゲ指数(女性数/ヒゲ数)を多項ロジスティック回帰モデルを用いて解析した。

口ヒゲの定義:
 上唇の上の皮膚に存在する毛で、他のヒゲと結合されていてもよいとする。Copstash Standard型もVan Dyke型もOKとしている。いくつか珍しいタイプの口ヒゲもあるが、ダリ型やスーパーマリオ型もOKらしい。
e0156318_14113512.jpg
(文献より引用:適格基準の口ヒゲ:ダリ型・ジャック・スパロウ型・スーパーマリオ型)

※毛が豊富でも、口の上にヒゲがなければ口ヒゲとは認められない。
e0156318_1412288.jpg
(文献より引用改変)

結果:
 50の医学校の医学部のリーダーの13%が女性だった(1018人中137人)。ヒゲリーダーは、19%(1018人中190人)だった。施設ごとに、また専門分野ごとに女性リーダーの数にはばらつきがあった。7施設および5専門分野では、女性リーダーの頻度が20%を超えた。
 本研究における総口ヒゲ指数は0.72(95%信頼区間0.58 to 0.90; P=0.004)であった。20の専門分野のうち6だけが女性の方がヒゲより多かった(口ヒゲ指数>1)。
e0156318_14174819.jpg
(文献より引用改変:口ヒゲ指数:施設別、専門分野別)

結論:
 アメリカの医学校では、口ヒゲのあるリーダーの方が女性リーダーより多い。口ヒゲ指数が1以上になるよう各施設とも努力されたい。


by otowelt | 2015-12-18 12:45 | その他

<< クリスマスBMJ:ヒトの脳にお... クリスマスBMJ:ホラー映画は... >>