ロルラチニブによるクリゾチニブに対する再感作

 NEJMの短報です。

Alice T. Shaw, et al.
Resensitization to Crizotinib by the Lorlatinib ALK Resistance Mutation L1198F
N Engl J Med 2016; 374:54-61January 7, 2016


概要:
 クリゾチニブが奏効したALK陽性肺癌の女性にC1156Y耐性変異が出現した。
 女性はその後、ロルラチニブ(PF-06463922)に対する耐性を獲得した。ロルラチニブのL1198F耐性変異はクリゾチニブに対する再感作を引き起こした。

e0156318_13273945.jpg
(文献より引用:ClonalProgression)


by otowelt | 2016-01-21 00:21 | 肺癌・その他腫瘍

<< 多剤耐性結核に対するエルタペネ... ICSが効きにくい気管支喘息 >>