メタアナリシス:BMPR2遺伝子変異を有する肺高血圧症は、重症かつ死亡・肺移植リスクが高い

e0156318_9102283.jpg BMPR2遺伝子変異と実際のアウトカムとの関連性を報告したメタアナリシスです。

Jonathan D W Evans, et al.
BMPR2 mutations and survival in pulmonary arterial hypertension: an individual participant data meta-analysis
Lancet Respiratory Medicine, DOI: http://dx.doi.org/10.1016/S2213-2600(15)00544-5


背景:
 骨形成タンパク質受容体2型:bone morphogenetic protein receptor type II (BMPR2)遺伝子変異は、肺動脈性肺高血圧症(PAH)の原因遺伝子としてもっともよく知られている。しかしながら、BMPR2遺伝子変異が臨床型やアウトカムにどのような影響を与えるかはよくわかっていない。

方法:
 特発性、遺伝性、食欲抑制因子(anorexigen)に関連したPAH患者1550人をBMPR2遺伝子変異を調べた8コホートから抽出した。プライマリアウトカムは、死亡あるいは肺移植の複合アウトカムとした。セカンダリアウトカムとして全死因死亡を設定した。BMPR2遺伝子変異の存在が死亡あるいは肺移植、全死因死亡に与える影響としてのハザード比を算出した。

結果:
 1550人の患者のうち448人(29%)がBMPR2遺伝子変異を有していた。遺伝子変異キャリアは、診断時年齢が若く(平均年齢35.4±14.8歳 vs 42.0±17.8歳)、平均肺動脈圧が高く(60.5±8.3mmHg vs 56.4±15.3mmHg)、肺血管抵抗が大きく(16.6±8.3Wood units vs 12.9±8.3Wood units)、低CIであった(2.11±0.69L/min/m2 vs 2.51±0.92L/min/m2)(全てp<0·0001)。
 BMPR2遺伝子変異を有する患者は、急性肺血管反応試験に反応しにくかった(3% vs 16%、p<0.0001)。1164人の生存データを有する患者のうち、BMPR2遺伝子変異患者の非変異患者と比較した年齢補正および性別補正ハザード比は、死亡あるいは肺移植の複合アウトカムにおいて1.42(95%信頼区間1.15–1.75; p=0.0011)、全死因死亡において1.27 (95%信頼区間1.00–1.60; p=0.046)だった。これらのハザード比は、肺血管抵抗、CI、血管反応性を含む潜在的因子で補正を行うと減少がみられた。BMPR2遺伝子変異に関連した死亡あるいは肺移植、全死因死亡のハザード比に男女差はなかったが、診断時若年の患者では高かった(死亡あるいは肺移植p=0.0030、全死因死亡p=0.011)。

結論:
 PAH患者では、診断時若年でBMPR2遺伝子変異を有すると疾患がより重症となり、遺伝子変異がない患者と比較して死亡リスク、死亡・肺移植リスクた高くなる。


by otowelt | 2016-01-29 00:33 | 呼吸器その他

<< 重症喘息に対するマグネシウムの... Airway-centered... >>