遷延性咳嗽に対する低用量アジスロマイシンは無効だが、気管支喘息関連咳嗽には有効か

e0156318_1047122.jpg 気管支喘息に対するマクロライドは、最近いくつか報告されており、特に小児科領域では注目されていますね。

David Hodgson, et al.
The effects of azithromycin in treatment resistant cough: a randomised, double blind, placebo controlled trial.
Chest. 2016. doi:10.1016/j.chest.2015.12.036


背景:
 慢性咳嗽は世界的によくみられる医学的問題である。多くの患者は気管支喘息、GERD、鼻炎といった基礎疾患を有しているが、これらの治療をおこなってもなお症状が残存することが多い。こうした患者群に新しい治療アプローチが必要とされている。

方法:
 8週間のアジスロマイシン(250mg1日3回)が44人の遷延性咳嗽患者のLCQスコアを改善させることができるかどうか調べたランダム化プラセボ対照比較試験である。咳嗽重症度はVASで記録し、セカンダリアウトカムとして呼気NOを調べた。

結果:
 アジスロマイシンの投与によって臨床的に意義のあるLCQスコアの改善がみられた(平均変化2.4; 95%信頼区間0.5 to 4.2)が、プラセボではみられなかった(平均変化0.7; 95%信頼区間-0.6 to 1.9)。しかしながら、これらの差には統計学的に有意差はなかった(p=0.12)。セカンダリアウトカムについても両群で差はなかった。気管支喘息の診断を受けている患者に対してアジスロマイシンの有効性が高かった(平均変化6.19; 95%信頼区間4.06 to 8.32)。

結論:
 遷延性咳嗽に対する8週間の低用量アジスロマイシンはプラセボと比較して治療効果は有意にみられなかった。必ずしも遷延性咳嗽に対するマクロライドの使用は推奨されないが、気管支喘息に関連した慢性咳嗽には効果があるかもしれない。


by otowelt | 2016-02-15 00:19 | 気管支喘息・COPD

<< 両側気胸の原因:バッファローチ... 成人市中肺炎に対する抗菌薬使用... >>