喘息の女性は妊娠しにくい

e0156318_8565074.jpg 喘息と抗ミュラー管ホルモン(AMH)との関連性が指摘されていますが、いまいちよくわかっていないようです。

Elisabeth Juul Gade, et al.
Fertility outcomes in asthma: a clinical study of 245 women with unexplained infertility
ERJ DOI: 10.1183/13993003.01389-2015 Published 12 February 2016


背景:
 喘息と女性の出産という側面の関連性についてはエビデンスが蓄積されてきている。しかしながら、現在の知見は質問票に基づいた研究や小規模な研究のそれに限られている。前向き観察コホート研究によって、不妊に悩む女性に対する妊娠までの期間、不妊治療数、妊娠成功数のアウトカムを喘息・非喘息患者に分けて解析した。

方法:
 245人の不妊に悩む女性(23~45歳)に質問票を実施し、不妊治療中に喘息やアレルギーの検査を実施した。そのうち96人の女性が、過去に医師診断の喘息を受けている、あるいは登録時に喘息と診断された人だった。登録患者は、妊娠成功、治療中断、観察期間終了のいずれかを満たすまで、最低でも12ヶ月フォローアップされた。

結果:
 喘息女性は、非喘息女性と比較して妊娠達成の尤度が低かった。妊娠までの期間の中央値は、非喘息患者で32.3ヶ月、喘息患者で55.6ヶ月だった(ハザード比0.50、95%信頼区間0.34-0.74、p<0.001)。
 不妊治療中の喘息女性は、非喘息患者よりも妊娠成功確率が低かった(39.6 vs 60.4%、p=0.002)。高齢であるほど、その期間は長くなり、特に女性ではその影響が顕著であった(p=0.001)。
e0156318_8521696.jpg
(文献より引用:Figure 2)

結論:
 喘息女性は、非喘息女性と比べて妊娠までの期間が長く妊娠しにくいことが分かった。加齢はその影響をより顕著にした。喘息と不妊の関連の原因については不明である。


by otowelt | 2016-02-29 00:39 | 気管支喘息・COPD

<< 肺癌新規治療薬のタグリッソ、ジ... 前立腺肥大症のあるCOPD患者... >>