閉塞性睡眠時無呼吸は職業性外傷を起こしやすい?

e0156318_23181522.jpg Letterです。補正すると有意差消失とのこと。Abstractには結論が書いていませんでした。

A J Hirsch Allen, et al.
Obstructive sleep apnoea and frequency of occupational injury
Thorax doi:10.1136/thoraxjnl-2015-207994


背景:
 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)のある患者が職業性傷害(OI)のリスクを増加させるかどうか調べた。

方法:
 ブリティッシュコロンビア大学病院睡眠検査科でOSAを疑われた患者を登録(2003年5月から2011年7月)、その患者らのOIのタイプを記録した(少なくとも1日休業を余儀なくされたケース)。OI記録はポリソムノグラフィ実施5年前までさかのぼった。

結果:
 結果、OSAの無い患者と比べるとOSA患者はOIをきたすリスクがおよそ2倍高かった(オッズ比1.93, 95%信頼区間1.06 to 3.50, p=0.03)。交絡因子(性別、BMI、アルコール摂取、作業業種)の補正後はその関連性はなくなった(オッズ比1.76, 95%信頼区間0.86 to 3.59, p=0.12)。二次解析では、OSA患者はOSAの無い患者と比べると注意散漫による外傷をきたすリスクがおよそ3倍高かったが(オッズ比2.88, 95%信頼区間1.02 to 8.08, p=0.05)、交絡因子補正後はやはりその関連性がなくなった(オッズ比2.42, 95%信頼区間)。

注意散漫による外傷:「These vigilance related injuriesincluded falls, contact with heat or electricity,motor vehicle crashes and injuriesrelated to slipping/tripping.」


by otowelt | 2016-04-29 00:41 | 呼吸器その他

<< IPFに対してピルフェニドンと... 人工呼吸器を要する結核患者は、... >>