慢性高二酸化炭素血症を有するCOPD患者への呼吸リハビリテーションは効果が大きい

e0156318_13563316.jpg  PaCO2が高い場合の呼吸リハビリテーションは恩恵が大きいとする報告です。安定期COPDの患者さんではあまり気にしていません。

Sahin H, et al.
Is a pulmonary rehabilitation program effective in COPD patients with chronic hypercapnic failure?
Expert Rev Respir Med. 2016 Mar 8. [Epub ahead of print]


目的:
 高二酸化炭素血症および正常の二酸化炭素のCOPD患者の呼吸リハビリテーションプログラムの有効性を比較すること。

方法:
 血中二酸化炭素分圧が高いCOPD患者(グループ1)および正常のCOPD患者(グループ2)に8週間の外来呼吸リハビリテーションプログラムに参加してもらった。

結果:
 122人が本研究に組み込まれた(グループ1:86人、グループ2:36人)。呼吸リハビリテーションの後、症状スコアは両群とも改善し、身体、社会、感情機能面での改善もみられた。加えて、呼吸困難感、不安、抑うつのスコアも減少した。呼吸リハビリテーションプログラムの後、グループ1はグループ2より運動耐容能が改善した(∆6分間歩行距離50 m. vs 40 m.、p=0.044)。グループ1はPaCO2レベルが呼吸リハビリテーション後に減少した(p<0.05)。

結論:
 呼吸リハビリテーションにより、慢性高二酸化炭素血症がある患者は運動耐容能やQOLが有意に改善する。


by otowelt | 2016-04-12 00:01 | 呼吸器その他

<< ブログが1000万アクセスを達... 進行期非小細胞肺癌患者に対する... >>