出版のお知らせ:4冊同時刊行

e0156318_15234229.jpg
 2016年4月に書籍を4冊刊行することになりました。同時刊行ということもあり、出版社には申し訳ありませんが、まとめて宣伝させていただきます。出版に尽力いただいた編集者の方々、私の外来に通院している全ての患者さん、執筆の時間を作ってくれる妻と子どもたちに感謝しています。



●COPDの教科書: 呼吸器専門医が教える診療の鉄則

e0156318_1521927.jpg
発売日:2016年4月8日
単行本 : 348ページ
価格 : 4,200円 (税別)
出版社 : 医学書院
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター)
監修 : 林 清二 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター)

e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する (入荷がやや遅いかも)

 医学書院から「COPDの教科書」という本を発売します。院長の林先生に監修いただき、ありそうでなかったCOPDの読み物を執筆しました。臨床医が知っておきたいCOPDのすべてが網羅されているはずです。一般的な診断・治療に加え、最新の吸入薬やロフルミラストなどの内服薬、トリプル吸入療法、在宅酸素療法にまで言及しています。特に在宅酸素療法は、患者負担やボンベ残量時間、飛行機旅行の注意点など細かく記載しました。



●気管支喘息バイブル 成人気管支喘息を診療するすべての人へ

e0156318_1055294.jpg
発売日:2016年4月8日
単行本 : 272ページ
価格 : 4,800円 (税別)
出版社 : 日本医事新報社
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター)

e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する (入荷がやや遅いかも)
e0156318_13141310.jpg日本医事新報社から購入する

 
 日本医事新報社から「気管支喘息バイブル」という本を発売します。気管支喘息に対する私なりの考えをまじえながら、診断と治療に必要な知識をすべて詰め込んだ一冊です。気管支サーモプラスティなどの新しい治療にも触れています。目の前の患者さんにどういう吸入薬を処方したらよいかという症例集もあります。ACOS、好酸球性下気道疾患、AERDなどのちょっと勉強しにくい喘息亜種についても掲載しています。



●呼吸器の薬の考え方,使い方 ver.2

e0156318_1781426.jpg
発売日:2016年4月7日
単行本 : 454ページ
価格 : 5,200円 (税別)
出版社 : 中外医学社
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター)
監修 : 林 清二 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター)
e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する (入荷がやや遅いかも)
e0156318_13141310.jpg中外医学社から購入する

 中外医学社から「呼吸器の薬の考え方、使い方 ver.2」という本を発売します。これは改訂第2版です。ここ2年で新しい薬剤が増えたため、それらをラインナップに加えアップデートしました。中のデザインは同じですが、新しいエビデンスが更新された部位にも改訂を加えています。前作のおよそ1.2倍のボリュームです。まだ発売されていないプロボコリン・ケンブラン、タグリッソ、ジカディア、ヌーカラなどはコラムに少し登場する程度にとどめました。呼吸器の薬を扱う方に、ぜひ一冊。



●本当にあった医学論文3

e0156318_171746100.jpg
発売日:2016年4月7日
単行本 : 138ページ
価格 : 2,000円 (税別)
出版社 : 中外医学社
著者 : 倉原 優 (国立病院機構近畿中央胸部疾患センター)
e0156318_13141310.jpgAmazonから予約/購入する (入荷がやや遅いかも)
e0156318_13141310.jpg中外医学社から購入する


 中外医学社から「本当にあった医学論文3」という本を発売します。おいおい、またかよ!と思われるかもしれませんが、とうとうシリーズ3作目。毎度のごとく「ほんまかいな」という論文を紹介しています。一般の読者の意見も考慮し、今回は1、2作目よりも医学用語を減らして少し簡単にしました。「最高何メートルの高さから転落して助かった人がいるのか?」「ウコンは飲酒時に肝臓を悪くする?」「キラキラネームは増えている?」・・・など70あまりの医学論文を紹介しています。


 ブログは数日お休みさせていただきます。



by otowelt | 2016-03-26 00:03 | その他

<< 抜管後は通常の酸素療法よりネー... ROMANA試験:アナモレリン... >>