アメリカにおけるIPF疫学

e0156318_9301181.jpg 言わずと知れたRaghu先生の論文です。

Raghu G, et al.
Incidence and prevalence of idiopathic pulmonary fibrosis in US adults 18-64 years old.
Eur Respir J. 2016 Apr 28. pii: ERJ-01653-2015. doi: 10.1183/13993003.01653-2015.


背景:
 アメリカにおける18-64歳の成人のIPF疫学を調べた。

方法:
 18-64歳の成人で2004年~2010年の診療報酬データに基づき、IPFの診断を受けた患者を調べた。
年間発生率、累積罹患率を調べ、IPF診断の潜在的リスク因子を同定した。

結果:
 年間累積罹患率は2005年→2010年で増加した(10万人あたり13.4→18.2人)。一方で、年間発生率は減少した(10万人あたり7.9→5.8人)。年間発生率の減少は、若年患者が減少傾向にあり、高齢者は同水準にとどまったことに起因する。より厳格なIPF診断基準アルゴリズムに基づいたサブグループ解析でも同等の結果が得られた。高齢および男性は高い罹患率と関連していた(p<0.05)。

結論:
 65歳未満のアメリカの成人において、IPFの発生率は2005年→2010年で減少していた。これは累積罹患率がプラトーに達していることを示唆する。


by otowelt | 2016-05-11 00:03 | びまん性肺疾患

<< IPF患者に抗凝固療法はよくない? COPDに対するウメクリジニウ... >>